個人旅行で沖縄へ行こう!リピーターも多い沖縄の魅力とは!?

- シュノーケリングや体験ダイビングをするスポットとして人気が高い青の洞窟

シュノーケリングや体験ダイビングをするスポットとして人気が高い青の洞窟

本記事では、数ある沖縄県内のシュノーケリングや体験ダイビングをするスポットとして、一位と二位を争うほどにとても人気が高い『青の洞窟』についてご紹介いたします。

『青の洞窟』とは、太陽光線が外から降りそそいで反射することで神秘的に青くかがやいている洞窟のことです。

『青の洞窟』とは、数ある沖縄県内のシュノーケリングや体験ダイビングをするスポットとして、もっとも人気が高い場所のひとつです。
洞窟内部の海面全体が、外から降りそそぐ太陽光線が反射することで、神秘的に青くかがやくことから『青の洞窟』と命名されています。
実は、『青の洞窟』と呼ばれている場所は、日本国内に数か所存在するものの、沖縄本島にある『青の洞窟』がそのなかでももっとも有名な観光地です。
沖縄県に数多くあるマリンスポットのなかでも、一位と二位を争うほどにとても人気が高いので、個人旅行で何度もおとずれたしてもあきることがありません。

初心者の方は階段から降りて「ビーチから行く」ルートに参加することをおすすめします。

『青の洞窟』に向かうためには、階段から降りて「ビーチから行く」ルートと、港から「ボートで行く」ルートのふたつを選択することが可能です。
シュノーケリングが初心者の方は、「ビーチから行く」ルートを選ぶと、足の届く浅い場所から徐々に身体をならしながら海に潜るので、不安が少なくなります。
また、ボートに乗った経験が少ない方は、激しい船酔いに襲われる可能性もあるので、なおさらビーチから潜ることをおすすめします。
さらに、「ビーチから行く」ルートは、「ボートで行く」ルートに比べて、比較的安価です。

慣れてきたら、ボートで沖縄の海をさっそうと駆け抜ける港から「ボートで行く」ルートを選択してみましょう。

二度目以降は、慣れてきたら港から「ボートで行く」ルートを選択してみることをおすすめします。
船酔いにさえ耐えられるのならば、ボートの上から沖縄の海をさっそうと駆け抜ける爽快感を味わうことができるからです。
また、夏場のハイシーズンは「ビーチから行く」ルートの階段が長蛇の列になりがちですが、比較的「ボートで行く」ルートはいつでも空いています。

『青の洞窟』はシュノーケリングやダイビングを体験するスポットとして、とても人気が高いです。
「ビーチから行く」ルートと港から「ボートで行く」ルートで見える景色はまったく違うので、ぜひ繰り返し参加してみてください。

関連記事: