個人旅行で沖縄へ行こう!リピーターも多い沖縄の魅力とは!?

- 数十万年前の人類を感じられるカンガラーの谷

数十万年前の人類を感じられるカンガラーの谷

本記事では、数十万年前までは鍾乳洞だった場所に生まれた『ガンガラーの谷』についてご紹介いたします。

『ガンガラーの谷』とは、数十万年前までは鍾乳洞だった場所に生まれた自然が豊かな亜熱帯の森のことです

『ガンガラーの谷』とは、数十万年前までは鍾乳洞だった場所が崩れてしまったことで自然が生み出した、自然が豊かな亜熱帯の森のことです。
約1万8000年前まで生きていたと言われている「港川人」の居住区とみられており、いま現在も発掘調査がおこなわれています。
谷の広さは約1万4500坪もある上に、歩行距離は約1キロメートルで、『ガンガラーの谷』のツアーに参加することで、この広大な太古の世界を堪能できます。

「ケイブカフェ」とは、『ガンガラーの谷』の入り口付近にあるオープンカフェのことです。

「ケイブカフェ」とは、『ガンガラーの谷』の入り口付近にある鍾乳洞にそのままカフェをオープンしたお店です。
オープンカフェがある空間は、大きく深く、幅広く広がっている洞窟であり、太古の人が現代まで守り残してくれたかのように、人々が集って憩うためには最適な空間となっています。
「ケイブカフェ」では、太古の自然に囲まれながらナチュラルにくつろぎながら、心身を癒すための多彩なメニューを楽しむことが可能です。
入場料は無料なので、『ガンガラーの谷』におとずれた際には、その空気だけでも感じてみてください。

「ケイブカフェ」では、沖縄でしか味わえない独特のドリンクを販売しています。

「ケイブカフェ」では、沖縄の豊かな自然の個性をいかした独特のドリンクを販売しています。
具体的には、風化サンゴを使用した沖縄ブランドのコーヒー豆と、玉泉洞の地下水を組み合わせて作成した「35 coffee」。
ビタミンがたっぷりを含まれている上に、香りも華やかな「パッションフルーツ」などです。

「ケイブカフェ」には、沖縄の風土をいかした沖縄ならではのアイスクリームが販売されています。

沖縄ならではの沖縄の風土をいかしたアイスクリームも「ケイブカフェ」には、販売されています。
具体的には、沖縄県産の塩とバニラアイスに加えて、新垣菓子店の「ちんすこう」まで組み合わせた味わい豊かな「県産しまマース&新垣ちんすこう」などです。

『ガンガラーの谷』では、数十万年前に暮らしていた人類の足跡を感じることが可能です。
また、「ケイブカフェ」では、太古の自然に囲まれながら、沖縄独自のさまざまな飲み物やお菓子類を味わうことができます。

関連記事: