個人旅行で沖縄へ行こう!リピーターも多い沖縄の魅力とは!?

- 毎年異なった製品を楽しめる琉球ガラス村

毎年異なった製品を楽しめる琉球ガラス村

本記事では、『琉球ガラス村』の魅力についてご紹介いたします。

「ガラスショップ」とは、のんびりと自分好みの琉球ガラスを購入できる『琉球ガラス村』の直売店です。

『琉球ガラス村』の直売店である「ガラスショップ」には、ここでしか買えない色あざやかな琉球ガラスが数多く販売されています。
沖縄県内でも屈指の品揃えと品質を実現しており、広々としたスペースでのんびりと閲覧しながら自分好みの琉球ガラスを購入することが可能です。
具体的には、ガラスでできた手づくりのグラスやお皿、ガラスの花と花瓶、一点もののランプ、そのほかさまざまなアクセサリーやインテリアが販売されています。

「琉球ガラスドーム」とは総重量16トンで板ガラス2,233枚を使用されているガラスのドームです。

「ガラスショップ」のエントランスホールには、板ガラス2,233枚を使用して、約半年の歳月をかけて完成された総重量16トンの「琉球ガラスドーム」が存在します。
配色は全体的に赤を基調にしながら、沖縄全体を暖かく照らす真っ赤な太陽を中央に配置して、7色のガラスで大きく広がる色あざやかな沖縄の未来を象徴しているデザインです。

「アウトレットショップじゃんがらや」では琉球ガラスのアウトレット製品をアウトレット価格で購入できます。

「アウトレットショップじゃんがらや」とは、ガラスショップでは販売していない、掘り出しものの琉球ガラスのアウトレット製品をアウトレット価格で販売しているお店です。
ガラス工房の跡地を『琉球ガラス村』のスタッフが改装して開かれたお店であり、開放的な空間のなか、自然の沖縄の風を感じながら買いものを楽しむことができます。
「アウトレットショップじゃんがらや」で取り扱っているアウトレット製品とは、「生産中止商品」、「試作商品」、「琉球ガラス村の検品基準に満たなかった商品」の3種類です。
具体的には、琉球ガラスのかけらを集めた「カレット」や、琉球ガラスをひもで結った「琉球ガラスストラップ」が販売されています。

『琉球ガラス美術館』では高度な琉球ガラス作品を鑑賞できます。

『琉球ガラス美術館』では、職人技が光るさまざまな琉球ガラス作品を楽しめる展示場です。
見学は無料でできるので、『琉球ガラス村』をおとずれた際にはぜひ気軽に閲覧してみてください。

『琉球ガラス村』では、毎年さまざまな琉球ガラスの製品が販売されています。
ぜひ、繰り返し訪れて、おみやげとしてその時に最適な琉球ガラスを購入してみてください。

関連記事: